【宝塚記念】美浦レポート~ヴェルデグリーン [News]
2014/06/25(水) 15:30
 今月29日(日)阪神競馬場で行われる第55回宝塚記念(GI)に登録をしているヴェルデグリーン(牡6、美浦・相沢郁厩舎)について、追い切り後の相沢郁調教師のコメントは以下の通り。

・前走からここまでの調整について
「(前走は)相手が悪かったです。(その後は)ひと息入れることにしていました。宝塚記念にするか札幌記念にするかというところだったのですが、思ったよりメンバーのレベルが落ちるのではないかという噂が流れまして、今回はこちらを選びました。去年の有馬記念よりは楽かもしれませんが、やはり錚々たるメンバーがいます。」

・今日の調教について
「先週ビッシリとやりました。輸送がありますから、今日はポリトラックコースで単走でサラッとやる予定でしたが、速かったですね。」

・6月に使うのは初めて
「たまたまそうだっただけで、問題はないと思います。」

・阪神は久しぶり(2011年3月以来)
「あの時は3.11の地震の後で、馬が繊細なもので、体重が落ちて輸送がうまく行きませんでした。今は新潟などに行っても大丈夫ですから、問題はないと思います。」

・今回のコースについて
「中山の2200mで勝っていますし、内回りの2200mですから大丈夫だと思います。有馬記念では残念だったので、今度は良い競馬をしたいです。力は付けていると思います。GIは運など全てが味方につかないと勝てませんが、田辺騎手がうちの馬を選んでくれましたので、何とか良い結果を出してほしいと思います。」

(取材:米田元気)