【メイクデビュー】(阪神5R)~グランカマラードが勝利、ポルトドートウィユは2着 [News]
2014/06/22(日) 15:01
阪神5Rのメイクデビュー阪神(2歳新馬、芝1600m)は10番人気グランカマラード(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒4(稍重)。1馬身1/4差2着に1番人気ポルトドートウィユ、さらに1馬身1/4差で3着に9番人気フェアラフィネが入った。

グランカマラードは栗東・庄野靖志厩舎の2歳牡馬で、父ダイワメジャー、母フォーント(母の父Kris S.)。

~レース後のコメント~
1着 グランカマラード(藤岡佑騎手)
「調教に乗っていて、出脚がどうかと思っていましたが、スタートは出ました。追ってからは遊んでいましたが、使っての上積みはありそうです。センスもいい馬で、今日は馬場が渋ったこともパワータイプのこの馬には良かったのかもしれません」

2着 ポルトドートウィユ(川田騎手)
「ゲートでソワソワして出脚がつかず、やや後ろからのレースになりました。直線はいい反応を見せていましたが、今日は馬場も悪かったですからね。結果的には負けましたが、内容は中身のあるいいレースでした」

3着 フェアラフィネ(川須騎手)
「落ち着きもあり、新馬ながらいいレースを見せてくれました。仕上がりの良さも感じましたし、今日の感じだと1600mは大丈夫そうです。今日は馬込みや前が狭くなることも経験出来ました。根性もありますし、勝てる力は持っています」