【相模湖特別】(東京)~マカハがゴール前で差し切る [News]
2014/06/21(土) 16:44
東京10Rの相模湖特別(3歳以上1000万下・芝1400m)は、1番人気マカハ(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒7。クビ差の2着に3番人気フラムドグロワールが、1馬身1/4差の3着に9番人気ヴァンフレーシュがそれぞれ入線。

マカハは栗東・小崎憲厩舎の5歳牡馬で、父キングカメハメハ、母サークリング(母の父Irish River)。通算成績は21戦4勝となった。

レース後のコメント
1着 マカハ 戸崎圭太騎手
「終いがしっかりしているので自信を持って乗りました。囲まれると弱い面もあると聞いていましたが、今日はスムーズに運べたことが大きかったです。強いレースだったと思います」

2着 フラムドグロワール 北村宏司騎手
「もう少しでした......。休み明けでもほどよいテンションで、いい感じでした。レースセンスがあって好位でレースができますし、道中はスムーズに運べました。あとひと伸びでしたが、よくがんばってくれたので勝ちたかったです」

3着 ヴァンフレーシュ 吉田豊騎手
「スピードがあるので、こういうレースしかないです。一本調子ですが、よくがんばっています」

4着 ジーニマジック 田辺裕信騎手
「休み明けでしたが、いいレースができました。最後は勝った馬に離されてしまいましたが、メンバーが揃っていましたし、よく走っています」

5着 ガイヤースヴェルト 石橋脩騎手
「長くいい脚を使うイメージでしたから、待ちすぎず追い出しました。道悪からの中1週で見えない疲れがあったかもしれません。負けはしましたが、このクラスでは能力が上だと思います」