【天保山S】(阪神)~8歳馬エーシンビートロンが制す [News]
2014/06/21(土) 16:29
阪神11Rの天保山ステークス(3歳以上オープン・ダート1400m)は、5番人気エーシンビートロン(武幸四郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒4。1馬身差の2着に1番人気ウォータールルドが、1馬身1/4差の3着に3番人気ナリタスーパーワンがそれぞれ入線。

エーシンビートロンは栗東・西園正都厩舎の8歳牡馬で、父ブライアンズタイム、母ローレンシア(母の父ホリスキー)。通算成績は31戦6勝となった。

レース後のコメント
1着 エーシンビートロン 武幸四郎騎手
「8歳馬でずっとレースを使ってきて、今日の暑さですからそろそろ馬がへばってもおかしくないのですが、厩舎がいい状態が維持してくれています。今日は強い競馬でした」

2着 ウォータールルド 北村友一騎手
「ゲートで少し躓きましたが、すぐにリズムよく走ってくれました。しかし、直線でなかなか勝ち馬との差が詰まりませんでした。勝った馬の粘りが上でした」

3着 ナリタスーパーワン 福永祐一騎手
「4コーナー手前で自分でブレーキをかけるような感じになりました。気の悪さが出たようです。そこで遅れた分、届かなかった感じです。もったいないレースでした。でも、力はあります」

5着 キクノストーム 国分恭介騎手
「直線でいい脚を使いました。内にこだわって乗りましたが、こういうレースが合っているようです。でも、やりようによってはもっといいレースができるかもしれません」