【水無月S】(阪神)~ワキノブレイブが外からまとめて差す [News]
2014/06/21(土) 16:24
阪神10Rの水無月ステークス(3歳以上1600万下・芝1200m)は、3番人気ワキノブレイブ(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒1。3/4馬身差の2着に2番人気レッドオーヴァルが、クビ差の3着に16番人気アンヴァルトがそれぞれ入線。

ワキノブレイブは栗東・清水久詞厩舎の4歳牡馬で、父マイネルラヴ、母ザフェイツ(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は26戦5勝となった。

レース後のコメント
1着 ワキノブレイブ 浜中俊騎手
「返し馬からいいコンタクトがとれていました。理想的なレースができましたし、直線も手応え通りに伸びてくれました」

2着 レッドオーヴァル 福永祐一騎手
「思いのほかゲートを出てくれなかったので、位置取りが考えていたより一列後ろからになりました。そのぶん最後届かなかった感じです。でも、1200mは合っていますし、力のある馬だと思います」

3着 アンヴァルト 高倉稜騎手
「ペースがそんなに速くなかったので、スムーズにレースを運べました。ラストも踏ん張っていますが、勝つにはあとワンパンチ欲しいですね」

4着 ロンド 藤岡佑介騎手
「直線でいちばん外に出したらもうひとつ上のギアが入ったのですが、前にいる馬の間で気をつかっている感じでした。1200mのほうが合っていますね」

5着 テイエムタイホー 小坂忠士騎手
「行くのが早かったかな。手応えもよかったので......。最後は止まってしまいました」