【稲城特別】(東京)~トライアゲインが2番手から抜け出す [News]
2014/06/21(土) 15:51
東京9Rの稲城特別(3歳以上500万下・芝2400m)は、6番人気トライアゲイン(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分27秒0。1馬身1/4差の2着に10番人気パリソワールが、クビ差の3着に4番人気ディスキーダンスがそれぞれ入線。

トライアゲインは美浦・和田正道厩舎の3歳牡馬で、父ダンスインザダーク、母シェープアップ(母の父Kingmambo)。通算成績は9戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 トライアゲイン 和田正道調教師
「力を出し切ってくれました。その力を引き出した名手の腕に尽きます。ペースが緩く、前残りの競馬になりましたし、最後までしぶとかったです」

2着 パリソワール 田辺裕信騎手
「前目で運べましたし、最後もバッタリと止まっていません」

3着 ディスキーダンス 蛯名正義騎手
「まだ体が緩く、前半は行けなかったのでジッとしていました。前回は早めに動いたこともあり、今回は直線に入るまで我慢していました。直線でも馬なりで上がっていくほどの手応えでした。腰がよくなればガラッとよくなりそうですし、このまま大事に使っていけば古馬になってから楽しみです」

4着 メイショウラリマー 田中勝春騎手
「瞬発力勝負になって、流れが向きませんでした。ジワジワという感じの伸びでした」

5着 ストーリーセラー 大野拓弥騎手
「直線では捌くのに苦労しましたが、長丁場のほうがいいですね。距離をさらに延ばしていったほうがリズムに乗れると思います。しかし、まだ全体的に緩いです」