【多摩川S】(東京)~シャイニープリンスが追い比べからG前抜ける [News]
2014/06/15(日) 17:09
東京10Rの多摩川ステークス(3歳上1600万下ハンデ、芝1600m)は6番人気シャイニープリンス(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒1(良)。3/4馬身差2着に1番人気ダノンジェラート、さらにハナ差で3着に2番人気オースミナインが入った。

シャイニープリンスは美浦・栗田博憲厩舎の4歳牡馬で、父キングヘイロー、母ダイタクピア(母の父リンドシェーバー)。通算成績は14戦5勝となった。

~レース後のコメント~
1着 シャイニープリンス(蛯名騎手)
「返し馬で今までにない反応をしていて驚きました。ゲートで気持ちが入ってからは大丈夫でした。馬場のいい外側を通りたかったのですが、モタれてしまい、その余裕がありませんでした。勝てて良かったです」

3着 オースミナイン(内田博騎手)
「うまく行ったと思ったのですが、仕方ないです...」

4着 インプロヴァイズ(戸崎騎手)
「右前脚がバッサリ切れて出血していました。道中はうまく行きましたが、接触した影響で伸びを欠いたかもしれません」

5着 ロードガルーダ(ウィリアムズ騎手)
「距離が長かったかもしれません。1400mくらいの方が向いていると思います。調教に乗って期待していたのですが、残り100mでパッタリ止まってしまいました」

6着 アールデュラン(四位騎手)
「しっかり最後まで伸びているんですが...。中ほどの枠であれば、出たなりに馬場のいいところを通ることが出来ますが、この枠では...」