【緑風S】(東京)~休養明けコスモロビン 接戦制す [News]
2013/05/04(土) 17:04
東京10Rの緑風ステークス(4歳上1600万下ハンデ、芝2400m)は14番人気コスモロビン(柴山雄一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分24秒7(良)。ハナ差2着に3番人気ホッコーブレーヴ、さらにクビ差で3着に10番人気マイネルメダリストが入った。

コスモロビンは美浦・清水英克厩舎の5歳牡馬で、父ゼンノロブロイ、母ティーアイディップ(母の父ジェイドロバリー)。通算成績は17戦5勝となった。

~レース後のコメント~
1着 コスモロビン(柴山騎手)
「休み明けでしたが、強い内容でした。外を回ってジリジリ伸びて、直線では1頭にならずに並んだ形が良かったです」

2着 ホッコーブレーヴ(三浦騎手)
「ペースが遅かったです。ただ、最後は勝ち馬がいい脚で来てくれたので、併せて動けて良かったです。直線でスムースに捌ければ良かったですね。惜しかったです」

3着 マイネルメダリスト(石橋脩騎手)
「スタートもうまくいって、直線で抜け出した時には勝ったと思いましたが...。レースとしては完璧でした」

4着 トウカイオーロラ(柴田善騎手)
「馬の手応えに合わせて競馬をしました。直線では突き抜けるかなと思いましたが、最後は止まってしまいました」

5着 ヴァーゲンザイル(吉田豊騎手)
「道中はじっくり乗らないで、いいところを取りに行った分の差です。もっとどっしり構えれば良かったです」

11着 ジョングルール(浜中騎手)
「道中も折り合いがついて、乗りやすい馬です。直線でも内が空いて捌くことが出来ました。ただ、坂で止まってしまいました。1800~2000mくらいがいいかもしれません」