【安芸S】(阪神)~ダート2戦目のキョウエイアシュラが制す [News]
2014/06/14(土) 17:02
阪神11Rの安芸ステークス(3歳上1600万下、ダート1400m)は4番人気キョウエイアシュラ(川須栄彦騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒2(良)。1馬身1/2差2着に1番人気グレイスフルリープ、さらに3/4馬身差で3着に6番人気セイラが入った。

キョウエイアシュラは栗東・森田直行厩舎の7歳牡馬で、父スウェプトオーヴァーボード、母サンシャワーキッス(母の父アンバーシヤダイ)。通算成績は40戦4勝となった。

~レース後のコメント~
1着 キョウエイアシュラ(川須騎手)
「4コーナーのあたりから手応えもよく、ジワッと上がって行けました。少頭数で競馬はしやすかったですし、しっかりと伸びてくれました」

(森田直行調教師)
「スタッフ、皆さんのおかげで勝つことが出来ました。これからも感謝を忘れず頑張っていきたいですね。これだけ使っても体重は減りませんし、すごく具合が良かったんです。今後のことはこれから考えたいと思います。厩務員時代には勝って震えるということはなかったのですが、今日は勝った後、体が震えました」

2着 グレイスフルリープ(小牧騎手)
「勝ちたかったのですが...。少し仕掛けが早かったですね。4コーナーでもう一呼吸待っていれば勝てたはずです」

4着 ヤマノサファイア(義騎手)
「前回は外へ出せず、気持ちよく走れなかったのですが、今日は外へ出して気持ちよく走ってくれました。セイラについて行くような形で上がって行ければ良かったのですが...。スムースなら2、3着はあったと思います」