【メイクデビュー】(東京5R、6R)~ホワイトエレガンス、クイーンマグノリアが勝利 [News]
2014/06/14(土) 15:50
東京5Rのメイクデビュー東京(2歳新馬、芝1400m)は2番人気ホワイトエレガンス(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒9(良)。クビ差2着に3番人気デュアルメジャー、さらに3/4馬身差で3着に10番人気ココロノママニが入った。

ホワイトエレガンスは美浦・国枝栄厩舎の2歳牝馬で、父クロフネ、母レディベローナ(母の父サンデーサイレンス)。

~レース後のコメント~
1着 ホワイトエレガンス(蛯名騎手)
「気性が前向きな馬。行くとフワッとする感じがあり、敏感でリズムが取りづらい感じ。牝馬なので、この先テンションが高くならないといいですね」

2着 デュアルメジャー(戸崎騎手)
「惜しかったです。まだ若さも出していました。距離もこれくらいが合っていると思います」

3着 ココロノママニ(柴田未騎手)
「いい馬で、秘かに期待していました。コーナーで外へ逃げていましたが、すぐに勝てると思います。距離もこれくらいがいいと思います」

4着 ゼンノイザナギ(内田博騎手)
「スタートもまずまず、ジワジワですが来ていると思います。使ってくれば変わると思います。馬もしっかりしてくれば距離を延ばしても大丈夫でしょう」

5着 グリシーヌシチー(石橋脩騎手)
「思ったような競馬は出来ました。最後までしっかり走っていました。他馬が動いた時に遅れてしまいましたが、最後詰めていますし、距離が延びても大丈夫でしょう」


東京6Rのメイクデビュー東京(2歳新馬、ダート1400m)は6番人気クイーンマグノリア(宮崎北斗騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒8(稍重)。2馬身差2着に7番人気メイプルレインボー、さらにクビ差で3着に5番人気トーセンジャズが入った。

クイーンマグノリアは美浦・武市康男厩舎の2歳牝馬で、父ゴールドアリュール、母エヴァンタイユ(母の父Lear Fan)。

~レース後のコメント~
1着 クイーンマグノリア(宮崎騎手)
「砂を被らずに競馬が出来たし、展開も向きました。強い競馬でした。素直だし、能力が高いです」

5着 ムサ(嘉藤騎手)
「3~4コーナーで口向きが悪く、外にふくらんでしまいました。デビュー戦ですし、よく走っています」

7着 タガノアルデ(戸崎騎手)
「まだトモが緩いし、道中は他の馬に怯んでいて力を出し切れませんでした。でも悪くない内容です」