【安土城S】(京都)~ウイングザムーンが人気に応える [News]
2014/06/01(日) 17:37
京都10Rの安土城ステークス(4歳以上オープン・芝1400m)は、1番人気ウイングザムーン(秋山真一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒5。3/4馬身差の2着に5番人気サンライズメジャーが、1馬身1/4差の3着に6番人気ニンジャがそれぞれ入線。

ウイングザムーンは栗東・飯田祐史厩舎の5歳牝馬で、父アドマイヤムーン、母ウイングドキャット(母の父Storm Cat)。通算成績は18戦6勝となった。

レース後のコメント
1着 ウイングザムーン 秋山真一郎騎手
「ペースが遅く、道中は行きたがる面を見せていました。末を生かすレースをしようと思っていただけに、リズムよく走れず、まったくうまくいきませんでした。でも間に合ったのは能力ですね」

2着 サンライズメジャー 池添謙一騎手
「道中はいい感じでよく伸びています。でも、今日は勝ち馬の決め手が上でした」

3着 ニンジャ 藤岡康太騎手
「ある程度の位置でレースをしようと思っていましたが、他馬にこすられて力んでしまいました。それでも今日は1400mで上手にレースをしていましたし、夏に向かって馬はよくなっています」

4着 ワキノブレイブ 幸英明騎手
「2番手からスムーズにレースをしましたが、外から他馬にこられて力んでしまいました。でも、この馬もよくがんばって伸びています」

5着 サクラアドニス 小崎綾也騎手
「前々でレースをしたかったのですが、途中から折り合いを欠いてしまいました。休み明け3戦目で状態が上がっていただけに、もう少し我慢がきけばもっと上の着順はあったと思います」