【鳳雛S】(京都)~カゼノコがG前捉えて連勝 [News]
2014/05/25(日) 17:03
京都10Rの鳳雛ステークス(3歳オープン、ダート1800m)は2番人気カゼノコ(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒2(良)。1馬身1/4差2着に4番人気アスカノロマン、さらに3馬身差で3着に3番人気バンズームが入った。

カゼノコは栗東・野中賢二厩舎の3歳牡馬で、父アグネスデジタル、母タフネススター(母の父ラグビーボール)。通算成績は11戦3勝となった。

~レース後のコメント~
1着 カゼノコ(北村友騎手)
「よく切れました。乗りやすい馬で注文をつけるところはまったくありません。走る馬にいいタイミングで乗せてもらいました」

2着 アスカノロマン(太宰騎手)
「マイペースでレースをして、この上がりで差されては、勝ち馬が強かったということでしょう」

3着 バンズーム(幸騎手)
「4コーナーまでは手応えも良く、人気のメイショウイチオシを見ながらレースを運べました。ただ、勝ち馬は強かったですね。一瞬で交わされました。でもこの馬も力はあるので、チャンスは巡ってきそうです」

4着 アムールブリエ(武豊騎手)
「3コーナーからズブくなりました。直線は盛り返しているのですが...」

5着 ポメグラネイト(藤岡佑騎手)
「内の馬を行かせて、じっくりとレースを運んで、という指示でした。離されず追走して、内容も悪くありません。ダートの方がいいのでしょう」

6着 サトノスーペリア(和田騎手)
「うまく流れに乗ってレースが出来ましたが、手応えほど伸びませんでした。速い時計への対応力かなぁ...。この馬自身、力がある馬なのですが...」

10着 メイショウイチオシ(武幸騎手)
「500万下を勝った時と同じスムースなレースでしたが、直線はまったく反応しませんでした」