【平安S】(京都)~クリノスターオーが2番手から抜け出して重賞V [News]
2014/05/24(土) 16:52
京都11Rの平安ステークス(4歳以上GIII・ダート1900m)は、12番人気クリノスターオー(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分56秒6。半馬身差の2着に7番人気ソロルが、1馬身1/4差の3着に4番人気ワイルドフラッパーがそれぞれ入線。

クリノスターオーは栗東・高橋義忠厩舎の4歳牡馬で、父アドマイヤボス、母マヤノスターライト(母の父ジェイドロバリー)。通算成績は11戦5勝となった。

レース後のコメント
1着 クリノスターオー 幸英明騎手
「4コーナーでの手応えもよく、最後も遊んでいたくらいですから、まだまだのびしろがありそうです。ハナか2番手と考えていましたが、スッと2番手につけられました。これからどんどんよくなると思いますし、大きいところを狙えると思います」

2着 ソロル 松山弘平騎手
「いい位置で脚がたまりましたし、4コーナーで外に出して、しっかりと脚を使っています。もう少しでしたね。でも、これから楽しみです」

3着 ワイルドフラッパー 福永祐一騎手
「直線で併せ馬の形になると横の馬を見ていました。こんなクセがあったとは......。ただ、能力的には十分に通用します」

5着 ナムラビクター 小牧太騎手
「1コーナーで外へ出せた時点でうまくいったと思いましたが、4コーナー手前では手応えがありませんでした。どうもイヤイヤ走っている感じで、そこが今後の課題でしょう。力はある馬ですから、本物になってくれればと思います」

7着 グランプリブラッド 松田大作騎手
「1900mは少し長かったかもしれませんが、昇級してすぐの重賞でよくがんばってくれました。今後につながる競馬だったと思います」