【プリンシパルS】(東京)~ベルキャニオンがダービーへの切符を獲得 [News]
2014/05/10(土) 16:50
東京11Rのプリンシパルステークス(3歳オープン・芝2000m)は、1番人気ベルキャニオン(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分001秒0。3/4馬身差の2着に2番人気キネオペガサスが、2馬身半差の3着に6番人気メイクアップがそれぞれ入線。

ベルキャニオンは美浦・堀宣行厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母クロウキャニオン(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は7戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 ベルキャニオン 戸崎圭太騎手
「初めて乗りましたが、返し馬で素質のよさを感じました。レースではスタートを上手に出て、折り合いがつき、スムーズに走っていました。素直ですし、この馬の力は出せたと思います。2400mは問題ないと思うので、次のダービーでもいいレースができると思います」

2着 キネオペガサス 蛯名正義騎手
「がんばってはいますが、腰が緩いですし、まだまだこれからだと思います。並んだらがんばると思ったのですが、フラフラするところがあるので思い切って追い出せません。しかし、最後まで抵抗していますし、内容は悪くありません。徐々に内容がよくなっていますし、ゆくゆくはさらによくなるでしょう」

3着 メイクアップ 内田博幸騎手
「初めて乗ったので適性はわかりませんが、短距離馬の印象があります。道中もあまり外々を回らず、ロスのないように回ってきました。それなりには来ていますが、相手次第という感じです」

4着 アンヴェイルド 三浦皇成騎手
「折り合いがすべてです。力をつけてきて気持ちも入ってきているので、返し馬から慎重にいきました。競馬を覚えていけば、さらによくなるでしょう」

11着 ファーガソン 江田照男騎手
「道中は真面目に走っていますが、体が緩いのでまだこれからの馬ですね。いいものは持っています」