【京都新聞杯】(京都)~ハギノハイブリッドがゴール前で抜け出す [News]
2014/05/10(土) 16:44
京都11Rの京都新聞杯(3歳GII・芝2200m)は、3番人気ハギノハイブリッド(秋山真一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分11秒0。1馬身1/4差の2着に8番人気サウンズオブアースが、ハナ差の3着に5番人気ガリバルディがそれぞれ入線。

ハギノハイブリッドは栗東・松田国英厩舎の3歳牡馬で、父タニノギムレット、母ハッピーペインター(母の父トニービン)。通算成績は9戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 ハギノハイブリッド 秋山真一郎騎手
「4コーナーでは手応えがよく、どこへ行こうかと進路を探すだけでした。前が残る馬場ですが、馬のリズムを大切にして乗りました。左回りでもいいレースをしている馬ですから、ダービーでも楽しみはあると思います」

2着 サウンズオブアース 浜中俊騎手
「道中はいい感じで走れていましたが、まだ背中や腰が緩くて外へ張ってしまい、そこで脚を使ってしまいました。それでも賞金を加算できてよかったです」

3着 ガリバルディ 福永祐一騎手
「出遅れがこたえました。位置が後ろになったせいで馬が行きたがって、ずっとハミをかんでいました。それでもよく伸びてきましたし、力のある馬です」

4着 シャドウダンサー 武豊騎手
「返し馬からコズミ気味で、レースでもストライドが伸びませんでした。それでも最後はよく来ていますし、能力は高い馬ですが、どうも走りが硬い感じでした」

5着 ミヤビジャスパー 池添謙一騎手
「道中行きたがるのは想定内でした。プラス体重は前回減った分が戻ったものですが、仕掛けてからの伸びがいまひとつだったのは久々の分でしょう。秋になればもっとよくなってくる馬だと思います」

7着 モーリス 川田将雅騎手
「ゲート内で座るような仕草だったのでスタートは出ていかないと思いました。やはりスタートで遅れたので1コーナーまである程度行かせて、あとはリズムよく走らせましたが、この馬にはもう少し短い距離の方が合っていると思います」

8着 ストロベリーキング 義英真騎手
「(重賞初騎乗でも)緊張はしませんでした。中団からと考えていましたが、ゲートの出がよくなかったので後方からになりました。前が止まってくれないこの馬場では厳しかったです」

13着 アズマシャトル 松山弘平騎手
「勝った馬と同じような位置にいましたが、4コーナーで一杯になってしまいました」

15着 ステイインシアトル C.ウィリアムズ騎手
「調教に乗って雰囲気のある馬と感じていましたし、期待していました。ただ、レースではずっと右にモタれていて、キャリアの浅さが出てしまいました。それにキャリア2戦目で今日のようなかたい馬場はちょっとかわいそうでした」