【ダービー卿CT】美浦レポート~ダイワファルコン [News]
2013/03/27(水) 15:02
31日(日)中山競馬場で行われる第45回ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)に出走予定のダイワファルコンについて、追い切り後の上原博之調教師のコメントは以下の通り。

「前走の中山記念は、得意の中山で、状態が良く、前の馬をとらえた時は勝ったかと思いましたが、中山巧者の馬との対決でやられてしまったので、非常に悔しい思いはあります。ペースがきつかったのですが、頑張ってくれました。

前走後、一応ダービー卿チャレンジトロフィーに目標を早めに決めていたので、馬の疲労回復とこのレースに向けてのスケジュールを組んで、予定通りにできました。一週前は、前走を使った疲労が取れた後の追い切りだったので、気分良く走らせて、今週の追い切りに向けての感じをつかむようにやりました。この馬は、競馬の当該週はある程度気合をつけた方が好走していたので、今日はウッドチップで65秒台ですけども、それなりに良いペースで、終いの反応も良かったと思います。

馬が以前はゲートで少し出遅れるような所がありまして、それで長めを使っていたのですが、ここ何戦かはそういうこともなく、すっと良い所につけられる脚もありますので、1600mに関してはあまり心配していません。距離は大丈夫だと思います。

好位につけて、終いで気分良く抜け出すという形が、この馬が一番力を出せるレースのパターンですし、そういう脚質が中山のコース形体に合っていると思います。展開がはまってくれれば、非常に楽しみなレースになると思います。重賞でここ何戦か惜しいレースが続いていますし、馬自体もこの時期は具合が良いので、今週良い結果を出してもらいたいと思っています。」

(取材:中野雷太、米田元気)