【皐月賞(GI)】(中山)~イスラボニータが4連勝で戴冠 [News]
2014/04/20(日) 17:30
中山11Rの第74回皐月賞(GI、3歳、芝2000m)は2番人気イスラボニータ(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒6(良)。1馬身1/4差2着に1番人気トゥザワールド、さらに1/2馬身差で3着に8番人気ウインフルブルームが入った。

イスラボニータは美浦・栗田博憲厩舎の3歳牡馬で、父フジキセキ、母イスラコジーン(母の父Cozzene)。通算成績は6戦5勝となった。

~レース後のコメント~
1着 イスラボニータ(蛯名騎手)
「右回りがどうとか、対戦相手がどうとか言われていましたが、今日は馬の力を信じて乗りました。1コーナーまでで折り合いをつけて、外めへ出して行こうと思いました。今日は新馬を除いて、今までで一番折り合いもついて、手応え良く前で競馬が出来ました。この手応えなら絶対に弾けてくれると思って、早めに出て行っても凌いでくれると思い、早めに一気の脚で出て行きました。最後、フワフワするところもありましたが、並んでいたのでそのまま凌ぐことが出来ました。折り合いがついてスムースな競馬が出来ますし、東京コースの方がいいと思います」

2着 トゥザワールド(川田騎手)
「外枠でしたが、スムースにレースが出来ました。少し力んでいましたが、リズムよく運べました。直線もしっかりと動いてくれましたが、勝った馬が強かったです。力をつけているので、次に向けても楽しみです」

(池江泰寿調教師)
「思い通りのレースが出来ましたが、勝った馬が一枚上でした。2コーナーでイスラボニータをうまく内に閉じ込められたと思ったのですが、そこからの蛯名騎手の出し方、技ありでした。2400mは大歓迎です。この血統でどこまで追いつけるか、ですね」

3着 ウインフルブルーム(柴田大騎手)
「この馬の持ち味、力は出し切りました。他の馬が来る前に仕掛けてリードを取りたかったのですが...。しかし、バテずに最後まで伸びてくれました」

(宮本博調教師)
「この馬自身は最高のレースをしてくれました。皐月賞から先のことは、まったく馬主さんと話し合っていませんので、未定です。馬の無事を確かめて、それから考えます」

4着 ワンアンドオンリー(横山典騎手)
「勝った馬の後ろで競馬が出来れば良かったです。スタートでダッシュがつかず、後方からになりました。それでも最後まで長くいい脚を使って頑張っています。馬も落ち着いていましたし、ダービーに向けていい収穫がありました」

5着 ステファノス(後藤騎手)
「勝ち馬を見る形で、いいポジションにつけられ、イメージ通りの競馬が出来ました。最高のパターンだと思いました。最後は力の差が出ましたが、次につながる競馬が出来ました」

6着 アジアエクスプレス(戸崎騎手)
「前々につけて、3~4コーナーでもスッと動いていい感じでしたが、最後はふがいなかったです。馬場は昨日の方がいいと思います。馬場が乾いて速くなっていました。早めに勝負をかけて行ったのですが...」

7着 ベルキャニオン(福永騎手)
「もう少し前で競馬が出来たら良かったです。スタートは良かったのですが、前回で外に逃げていましたし、前のポジションを取りに攻め切れませんでした。力は足りていると思いますし、最後もよく伸びてくれました。今日はハミを替えて、口向きも良くなっていました。東京ならもっと持ち味を出せると思います」

8着 クラリティシチー(内田博騎手)
「前に行きたかったのですが、馬群がゴチャついてスムースに進められませんでした。思っていたような位置につけられませんでした」

9着 アドマイヤデウス(岩田騎手)
「ここまでバランスを崩さず走っている馬で、今日はレースとしてはスムースだったのですが...。中山も問題ないですし、また良くなってくるでしょう」

10着 ロサギガンティア(柴田善騎手)
「いい感じで回ってくれましたが...。距離なのでしょうか」

11着同着 トーセンスターダム(武豊騎手)
「スタートが良く、思ったよりいいポジションにつけられました。トゥザワールドの真後ろにいて、絶好の展開だと思いました。しかし、3コーナーから一気に行きっぷりが悪くなり、ビックリしたような走りになってしまいました。残念です。これがいい経験になればと思います。また巻き返したいです」

(池江泰寿調教師)
「今日は馬場が向きませんでした。3コーナーで失速して、馬も何が起きているのか分かっていない感じでした。府中の馬場ならもっとやれると思います」

11着同着 バウンスシャッセ(北村宏騎手)
「ゲートを上手に出てくれました。折り合いもつきましたし、ポジションを取りに行く競馬で、あまり他の馬のプレッシャーが掛からないところにいようと思いました。しかし、3~4コーナーの馬場が掘れていて力を奪われてしまいました。それでも最後は食い下がって頑張っていました」

13着 コウエイワンマン(松岡騎手)
「頑張りました。厳しい競馬が出来て、今後に生きるのではないでしょうか」

16着 アデイインザライフ(田辺騎手)
「結構負けてしまいましたね。ゲートを出る際、躓いてしまい、軌道に乗れませんでした。雨が降った方が良かったかもしれません」

17着 タガノグランパ(石橋脩騎手)
「前半は、馬の後ろに入れたかったのですが、それが出来ずにハミを噛んでしまいました。2000mを意識した競馬を心がけましたが、それも出来ませんでした」

18着 クリノカンパニー(江田照騎手)
「もう少し力をつけて欲しいです。自分の形で競馬をしましたが、相手が強かったです」