【中山グランドジャンプ(J・GI)】(中山)~アポロマーベリックが先手を奪って圧勝 [News]
2014/04/19(土) 17:12
中山11Rの第16回中山グランドジャンプ(J・GI、障害4歳上、芝4250m)は1番人気アポロマーベリック(五十嵐雄祐騎手)が勝利した。勝ちタイムは4分50秒7(良)。5馬身差2着に8番人気コスモソユーズ、さらにクビ差で3着に3番人気メイショウブシドウが入った。

アポロマーベリックは美浦・堀井雅広厩舎の5歳牡馬で、父アポロキングダム、母オメガファスター(母の父Theatrical)。

~レース後のコメント~
1着 アポロマーベリック(五十嵐騎手)
「この馬は強いです。位置取りは決めつけず、スタートを出てと思っていました。2番手の馬の気配を感じませんでしたので、この馬のペースで運びました。最終障害の踏み切りが合わず、脚をぶつけてしまったので、その時は後ろを確認しました。僕自身、緊張はほとんどありませんでしたし、調教過程もすべて順調でしたから、しっかり乗るだけでした。今日は人にも馬にも余裕がありました。暮れ、そして春とGIを2連勝、もっと期待して、今年の暮れもいけるように頑張りたいと思います」

(堀井雅広調教師)
「強いの一言。余裕の勝利でした。自分でレースを作って強い勝ち方。五十嵐騎手との信頼関係もありますし、騎手が強い気持ちで臨んでくれることは嬉しいですね。課題も正直見当たりません。障害界を引っ張って行けたらと思います。この後は、中山大障害を目標に、ゆっくり休んで臨みます。まだ5歳、ここは強みですね」

2着 コスモソユーズ(山本騎手)
「元々成績のいい馬ですし、先週から調教でも毎日乗って、馬の様子はつかめていました。スタミナと、障害に対するセンスがありますので、流れにだまされずに落ち着いて飛べば、いい結果が出せると思っていました。そして、その通りになりました。勝った馬は強かったですが、終いにもう1回脚を使って、前にいた馬を差せました。そこは今のこの馬の力だと思います。さらに良くなる余地も感じましたし、また暮れの大障害も頑張ってくれたらと思います」

3着 メイショウブシドウ(高田騎手)
「障害レース自体、間が空いていましたし、雪の影響で思うようにローテーションが組めない時期もありました。今日はぶっつけでしたが、この馬は叩いて良くなるタイプです。結果的には、間が空いたことが敗因の一つではないでしょうか。飛びでかせいでいく馬なのですが、今日はなかなか飛越のタイミングも合いませんでした。去年の最初の頃より格段に馬が良くなっていますし、もっと大きいところを狙わないといけない馬ですから、悔しいです。勝った馬は強いです」

4着 シャイニーブラック(浜野谷騎手)
「もう少し馬場が渋ってくれれば良かったです。しごいて行けばジリジリ伸びていく印象で、2着もありそうな感じでした。今日はパンパンの良馬場でしたが、その割には頑張ってくれました。力をつけていますし、いい経験になりました」

8着 アドマイヤトライ(西谷騎手)
「手応えよく3番手を進み、負かしに行こうと思っていましたが、追いかける際に障害で2回ミスをしてしまいました。もっと待ってあげれば良かったです。勝ったと思っただけに申し訳なかったです。バンケットや大障害もきれいにこなしていますし、頭のいい馬です」