【梅田S】(阪神)~グランプリブラッドが勝利 [News]
2014/04/13(日) 17:19
阪神12Rの梅田ステークス(4歳以上1600万下・ダート1800m)は、3番人気グランプリブラッド(松田大作騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒6。半馬身差の2着に5番人気ベルサリエーレが、1馬身1/4差の3着に4番人気ブルータンザナイトがそれぞれ入線。

グランプリブラッドは栗東・矢作芳人厩舎の5歳牡馬で、父ディープインパクト、母シルクプリマドンナ(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は24戦5勝となった。

レース後のコメント
1着 グランプリブラッド 松田大作騎手
「いいときに乗せていただいています。血統もいいですし、能力もあります。今日もラストはしっかりとした脚取りで完勝ですね。直線抜け出してフラフラする面を見せている分、まだまだのびしろがありそうです」

2着 ベルサリエーレ A.シュタルケ騎手
「この馬の理想は逃げても控えても一定のペースで行くことです。今日はペースが上下する中、よく踏ん張っています」

14着 ハリケーン 浜中俊騎手
「今日は馬がエキサイトしてコントロールがうまくいきませんでした」