3月27日(木)「名古屋大賞典はダノンカモンが制す」ほか [全国競馬情報]
2014/03/27(木) 20:02

●●ダートグレード競走の結果●●

<26日(水)>

・名古屋競馬場(天候:雨 馬場:不良)ではダートグレード競走の第37回名古屋大賞典(JpnIII ダート1900m)が行われ、JRA所属の3番人気ダノンカモンが重賞22回目の出走で初重賞制覇を飾った。

 地元・愛知のサイモンロードが主導権を握り、エーシンモアオバーは2番手。3番手の内に兵庫のオオエライジン、外にダノンカモン。その後ろにソリタリーキングとランフォルセが続いた。隊列変わらず2周目の3コーナーへ、ダノンカモンは勝負どころでさかんに鞭が入っていたが、じわじわと伸び、直線でサイモンロードを交わし先頭に立ったエーシンモアオバーを直線でとらえた。勝ちタイムは2分1秒9。勝利騎手はJRAの川田将雅。ゴール寸前で1番人気ソリタリーキングが2着に上がり、3着に4番人気エーシンモアオバー。4着は2番人気ランフォルセ、地方最先着はオオエライジンの5着だった。

 ダノンカモンは父シンボリクリスエス、母シンコウエンジェル(母の父オジジアン)の牡8歳黒鹿毛馬。JRA栗東・池江泰寿厩舎の管理馬。オープン特別で4勝を挙げていたが、重賞にはわずかに手が届かず。芝も含め22回目の重賞出走で、嬉しい重賞初制覇となった。通算成績は41戦9勝(うち地方2戦1勝)。

 

 

●●重賞レースの結果●●

<27日(木)>

・浦和競馬場(天候・曇 馬場状態・重)で行われた第60回桜花賞(第11競走・3歳牝馬オープン・SI・ダート1600m・1着賞金2000万円)は11頭によって行われる予定だった。しかし、発走の2分前になって驚くべきアナウンスが場内に流れた。それは前哨戦のユングフラウ賞を制して人気を集めていた船橋のノットオーソリティが「発走地点で馬体に故障を発症して競走除外となった」という内容の発表だった。ゲートの後ろで輪乗りの体制となった中で、鞍をはずされて1頭だけスタート地点を後にするノットオーソリティの姿が痛々しかった。

 10頭立てとなったレースは、5番人気の大井のシャークファングが好スタートからハナを切り、3番人気の川崎のクライリングが2番手となって差のない3番手が1番人気となったテイクユアチョイス。2番人気の川崎のブルーセレブは出遅れて最後方からの競馬となった。

 シャークファングは最後の4コーナーを回っても逃げ脚は衰えず、向正面でもまだ最後方だったものの外を回って一気に追い込んだブルーセレブに2馬身の差をつけて逃げ切って優勝した。3着は半馬身差でクライリングとの競り合いをクビ差制したテイクユアチョイス。

 シャークファングは、父パイロ、母ノースソング(母父アンバーシャダイ)という血統の牝3歳栗毛馬。大井の秋吉和美厩舎所属。昨年の7月に大井でデビュー。暮れの東京2歳優駿牝馬では7着に敗れたものの前走のユングフラウ賞では11頭立ての11番人気という低評価ながらノットオーソリティの2着に健闘した。今回は発走直前でノットオーソリティが不在となったレースでマイペースの逃げをして見せ、みごとに桜花賞馬の座を手にした。今回が重賞初制覇で通算成績は11戦3勝(中央競馬は未出走)となった。

 

 

●●賀谷祥平騎手(豪州)に短期騎手免許を交付●● 

・NAR地方競馬全国協会は、オーストラリアのクイーンズランドレーシングに所属する賀谷祥平(かや しょうへい)騎手に短期騎手免許を交付した。

 賀谷騎手は、広島県出身の35歳。2003年にオーストラリアで見習い騎手としてデビューした(2008年からシニア騎手)。今回の短期騎手免許の期間は、4月1日(火)から6月30日(月)までの約3カ月間で、期間中は、高知・田中守厩舎に所属する。

  なお、海外の競馬統括団体の騎手免許を保有する日本国籍の者に対する地方短期騎手免許の交付は、賀谷騎手が7人目。

 

★賀谷祥平(かや しょうへい)騎手のプロフィール

・1979年1月6日生まれ

・国籍:日本(広島県出身)

・所属:クイーンズランドレーシング(豪州)

・経歴:2003年8月に見習い騎手としてデビュー。2008年3月にシニア騎手免許取得

・騎手服:胴青、桃縦縞、袖緑

・生涯成績:1934戦174勝(見習い騎手期間も含む)

※成績は地方競馬全国協会に提出された資料による。

 

(NARのホームページによる)

 

 

●●東京スプリントのJRA所属出走予定馬●●

・4月2日(水)に行われる東京スプリントに出走を予定しているJRA所属馬および騎乗予定騎手は以下の通り。

 

★第25回東京スプリント(JpnIII)

・施行日   4月2日(水)

・施行場   大井競馬場

・距離    1200m(ダート・右)

・出走資格 サラ系4歳以上オープン

・JRA所属出走予定馬 5頭

<馬名 性齢 騎乗予定騎手>

 セイクリムズン   牡8 岩田康誠

 セレスハント    牡9 福永祐一

 ティアップワイルド 牡8 石橋脩

 ノーザンリバー   牡6 蛯名正義

 パドトロワ     牡7 和田竜二

 

※ 出走予定馬および騎乗予定騎手の情報は、3月27日(木)現在のもの。

 

(JRA発表のリリースによる)

 

 

●●JRA交流競走の勝ち馬●●

<25日(火)>

●浦和(天候:晴 馬場:良)

★ツインエース特別(第9競走・3歳・ダート1400m・12頭立て)

 エスケイアリュール・牡3歳・船橋:山浦武厩舎・父ゴールドアリュール

<26日(水)>

●園田(天候:雨 馬場:不良)

★市川特別(第10競走・4歳以上・ダート1400m・12頭立て)

 ストリートハンター・牡5歳・JRA栗東:角居勝彦厩舎・父Street Sense

 

(担当:小林雅巳)