【名古屋大賞典】(名古屋)~ダノンカモン嬉しい重賞初制覇 [News]
2014/03/26(水) 18:17
名古屋競馬場(雨 不良)ではダートグレード競走、第37回名古屋大賞典(JpnIII ダート1900m)が行われ、JRA所属の3番人気ダノンカモンが重賞22回目の出走で初重賞制覇を飾った。

地元・愛知のサイモンロードが主導権を握り、エーシンモアオバーは2番手。3番手の内に兵庫のオオエライジン、外にダノンカモン。その後ろにソリタリーキングとランフォルセが続いた。隊列変わらず2周目の3コーナーへ、ダノンカモンは勝負どころでさかんに鞭が入っていたが、じわじわと伸び、直線でサイモンロードを交わし先頭に立ったエーシンモアオバーを直線でとらえた。

勝ちタイム2分1秒9、勝利騎手はJRA・川田将雅。

ゴール寸前で1番人気ソリタリーキングが2着に上がり、3着に4番人気エーシンモアオバー。4着は2番人気ランフォルセ、地方最先着はオオエライジンの5着だった。

ダノンカモンは父シンボリクリスエス、母シンコウエンジェル(母の父オジジアン)の牡8歳黒鹿毛馬。JRA栗東・池江泰寿厩舎の管理馬。オープン特別で4勝を挙げていたが、重賞にはわずかに手が届かず。芝も含め22回目の重賞出走で、嬉しい重賞初制覇となった。通算成績は41戦9勝(うち地方2戦1勝)。