【フラワーC】(中山)~バウンスシャッセが2馬身差でV [News]
2014/03/21(金) 17:11
中山11Rのフラワーカップ(3歳GIII・牝馬・芝1800m)は、3番人気バウンスシャッセ(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒3。2馬身差の2着に4番人気マイネグレヴィルと6番人気パシフィックギャルが同着で入線した。

バウンスシャッセは美浦・藤沢和雄厩舎の3歳牝馬で、父ゼンノロブロイ、母リッチダンサー(母の父Halling)。通算成績は5戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 バウンスシャッセ 北村宏司騎手
「直線抜け出すとフワッとしましたが、余力がありました。折り合いのつく馬ですし、1800mですからある程度の位置につけていきました。3~4コーナーの馬場の悪いところもうまくこなしてくれましたし、直線は進路があれば伸びそうな感じでした。アルテミスSで乗ったときは距離が忙しかったのかと思います。今日は十分いい手応えでした。距離は延びても大丈夫だと思いますし、まだまだ伸びしろのある馬なので楽しみです」

藤沢和雄調教師のコメント
「前回の競馬が強かったですし、調教もいい内容でした。スタートもよくなり、上手な競馬をしていました。体が大きくなり、たくましくなりましたね。距離は長いほうがいいタイプで、桜花賞向きではありません。まだオークスまで時間がありますから、間に皐月賞を挟むかどうか検討します」

2着(同着) マイネグレヴィル 柴田大知騎手
「このような持続力を生かせるレースのほうが持ち味が出ます。うまくいったのですが、勝った馬の力が違いました。雨が降って、もっと馬場が渋るといいのですが、馬場が乾いてしまいました。馬はがんばってくれたと思います」

2着(同着) パシフィックギャル A.シュタルケ騎手
「すごくいいレースだったと思います。いいポジションにつけられましたし、直線で二の脚を使ったことで、2着に来られました。4コーナーを回って、ここぞと思って追ったときに右によれていました。そのあたりが課題ですが、いい根性がありますね」

4着 マローブルー 石橋脩騎手
「上手にスタートを切ってくれました。あまり後ろにいても今日の馬場はきついと思いましたし、押して行ってもダメだと思いましたが、うまく行ってくれて、いいポジションにつけることができました。タイミングよく追い出しましたが、馬場の影響で右に左にブレていました。パンパンの良馬場だったら、また違ったと思います。まだ緩いですし、良化の余地はあると思います」

5着 ショウナンパンドラ 浜中俊騎手
「輸送でも馬体を維持して、いい感じでした。しかし、今日の強い風でフラフラになり、持ちこたえられませんでした。体の小さな馬で厳しかったです」

7着 クリスマス 田辺裕信騎手
「距離なのでしょうか。道中は動きたいところで進出できましたが、最後は止まりました。今日は初めての1800mでしたし、これが今後に生きてくればと思います」

斎藤誠調教師のコメント
「馬場が悪いので、きれいなところを通ろうとした分、距離をロスしました。距離が長いかもしれません。実績上位で、勝ちにいく競馬をしましたが、あそこで止まったので、今後についてはオーナーと相談して考えたいと思います」

8着 チョコレートバイン 武豊騎手
「馬の状態は悪くありませんでした。道中は行きたがっていましたが、伸びそうな雰囲気はありました。しかし、距離が長いのでしょうか。短いほうがいいかもしれません」