【中日新聞杯】(中京)~伏兵マーティンボロが接戦を制す [News]
2014/03/15(土) 16:34
中京11Rの中日新聞杯(4歳以上GIII・芝2000m)は、10番人気マーティンボロ(D.バルジュー騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒7。ハナ差の2着に3番人気ラキシスが、クビ差の3着に4番人気ラブリーデイがそれぞれ入線。

マーティンボロは栗東・友道康夫厩舎の5歳牡馬で、父ディープインパクト、母ハルーワソング(母の父Nureyev)。通算成績は18戦6勝となった。

レース後のコメント
1着 マーティンボロ D.バルジュー騎手
「すごく馬のコンディションがよく、レース中もリラックスして走ってくれましたから、いい結果が出たのだと思います。今日はすべてがうまくいきました。久々に日本で重賞を勝てて、とても嬉しいです」

2着 ラキシス 川田将雅騎手
「4コーナーまではスムーズな競馬でしたが、直線でこれは抜けられないなという手応えでした。それでもよくここまで来てくれたと思います」

3着 ラブリーデイ E.ペドロサ騎手
「馬は気合が乗って、仕上がっていました。折り合いはつきましたし、リズムを崩すことなく競馬ができました。直線で抜けるかと思いましたが、接戦の3着。とにかく悔しいです」

4着 ユールシンギング 丸山元気騎手
「もう少しペースが流れていれば、もっとやれたと思います。今日の流れなら外枠のほうがよかったですね」

5着 トウカイパラダイス 柴山雄一騎手
「道中はすごく手応えがよく、休み明けでもよくがんばってくれました」

6着 レッドレイヴン 柴田善臣騎手
「レースは上手ですし、馬の間を割って脚は使っています。もっとパワーアップしないとですね。これからです」

7着 アンコイルド 後藤浩輝騎手
「逃げてもいいくらいの気持ちでしたが、最初がそんなに速くないので、外から来られるとああいう形になってしまいます。外枠なら前に行けるのですが......。ジャパンCと同じ負け方になってしまいました」