【チューリップ賞】(阪神)~ハープスターが大外一気でV [News]
2014/03/08(土) 16:20
阪神11Rのチューリップ賞(3歳GIII・牝馬・芝1600m)は、1番人気ハープスター(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒3。2馬身半差の2着に4番人気ヌーヴォレコルトが、1馬身半差の3着に6番人気リラヴァティがそれぞれ入線。

ハープスターは栗東・松田博資厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母ヒストリックスター(母の父ファルブラヴ)。通算成績は4戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 ハープスター 川田将雅騎手
「最後の直線では遊びながら走っていました。去年のGIを勝てなかったのは取り返しのつかないことですから、今年は負けたくないという気持ちです。このまま本番まで順調にいって欲しいと思います」

2着 ヌーヴォレコルト 岩田康誠騎手
「自分の競馬ができました。乗りやすくて、素直な馬です。最後もしぶとかったです」

3着 リラヴァティ 松山弘平騎手
「楽なペースで逃げることができました。良馬場も味方してくれました。交わされてからもしっかり伸びています。権利がとれてよかったです」

4着 ブランネージュ 藤岡康太騎手
「上手に競馬をしていますし、直線も脚を使っているのですが......。3着との差がわずかだっただけに残念です」

5着 ウインリバティ 池添謙一騎手
「前回よりも馬がよくなっていました。交わされてもしぶとく伸びようとしていましたからね。ただ、ゲートで遅れたのが痛かったです」

6着 マラムデール D.バルジュー騎手
「最後の直線でモタれるところはありましたが、それ以外はスムーズに走っています」

7着 レッドオーラム 小牧太騎手
「切れる脚を使う馬ではないので、いい位置でレースをしようと思っていました。スタートも決まりましたし、少し狭くなったときも本当に力がついていれば抜けてこられたと思います。もう少し長い距離のほうがいいかもしれません」