【中山記念】(中山)~ジャスタウェイがGI馬の貫禄を示す [News]
2014/03/02(日) 17:03
中山11Rの中山記念(4歳以上GII・芝1800m)は、2番人気ジャスタウェイ(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒8。3馬身半差の2着に4番人気アルキメデスが、ハナ差の3着に3番人気ロゴタイプがそれぞれ入線。

ジャスタウェイは栗東・須貝尚介厩舎の5歳牡馬で、父ハーツクライ、母シビル(母の父Wild Again)。通算成績は17戦4勝となった。

レース後のコメント
1着 ジャスタウェイ 横山典弘騎手
「スタートは速くないと聞いていたので、そこだけ気をつけました。中山のセオリー通り前々で競馬をしましたが、本当にすごい馬です。最後狭いところに入りましたが、馬が強いからなのか、あんなところから出てくることができました。いい感じで代役を務められてよかったです。ドバイでもがんばって欲しいと思います」

須貝尚介調教師のコメント
「4つのコーナーの競馬でしたが、いい枠順でゲートもちゃんと出て、いい馬の背中を知っている横山典弘騎手が理想の展開で強さを引き出してくれました。放牧から帰ってきてデキもいいと福永祐一騎手から聞いていましたが、これで胸を張ってドバイに挑戦できます。馬場はこれくらいなら我慢してくれると思いましたが、58キロを背負って着差以上に強い勝ち方をしてくれました」

2着 アルキメデス 岩田康誠騎手
「うまく内に入れましたし、いいポジションにつけられました。直線では前が狭くなりましたが、そこをこじあけていい脚を使ってくれました。差はありましたが、このメンバー相手でこの結果ですから収穫はありました。良馬場ならもっと切れていたでしょう」

3着 ロゴタイプ C.デムーロ騎手
「なだめながら好位からの追走でした。しかし、今日のような馬場は得意ではありません。休み明けで少し体に余裕もありましたし、使ってさらによくなるでしょう」

4着 マイネルラクリマ 柴田大知騎手
「地力があります。使ってよくなるタイプなので、次はさらによくなると思います」

5着 ヴェルデグリーン 田辺裕信騎手
「内枠でしたし、外からひとまくりというわけにはいきませんでした。この馬は運よく良馬場ばかり走っていて、こういう馬場で走っている記憶がなく、対応できるかなと思っていましたが、思ったよりも上がっていくことができました。ですから、全然ダメというわけではありません。今日は相手が強かったです」

6着 トウケイヘイロー 武豊騎手
「ゲートの出が最悪のタイミングでした。つっかえて、前扉に顔が当たってしまい、下がったところでゲートが開きました。今日はピリピリしている感じで、ゲートに入ってすぐガタガタしていました。向正面からはいいリズムでしたが、残念です」