4月25日(木)「羽田盃(大井)はアウトジェネラルが制す」ほか [全国競馬情報]
2013/04/25(木) 20:45
●●重賞レースの結果●●
<24日(水)>
・大井競馬場(天候:雨 馬場:重)で行われた南関東3冠初戦の第58回羽田盃(第11競走・3歳オープン・SI・1着賞金3500万円・ダート1800m)は11頭が出走し、3番手でレースを進めた2番人気の船橋のアウトジェネラルが抜群の手ごたえで直線に向いて抜け出し、3番人気の大井のソルテに4馬身の差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分52秒8。勝利騎手は大井の御神本訓史。3着は4馬身差で4番人気の船橋のインサイドザパーク。1番人気の船橋のジェネラルグラントは4着に敗れた。
 アウトジェネラルは、父アドマイヤドン、母アウトオブザウィム(母父サンデーサイレンス)という血統。船橋の川島正行舎所属の牡3歳鹿毛馬。昨年6月に門別でデビュー。前走の京浜盃では2着に敗れたが、ここで重賞初制覇をはたし、通算成績は10戦4勝(中央競馬は1戦未勝利)となった。川島正行調教師は、羽田盃4勝目となった。
 
・門別競馬場(天候:雨 馬場:稍重)で行われた第37回北斗盃(第10競走・3歳オープン・ヨハネスブルグ賞・1着賞金200万円・ダート1200m)はクラグオーが出走取消となって12頭が出走し、1番人気となった桑村真明騎手騎乗のシーギリヤガールが2着の2番人気のミータローに半馬身の差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分14秒2。3着は6番人気のユーリカ。
 シーギリヤガールは、父 スターリングローズ、母スパイシーキティ(母父)タバスコキャットという血統。北海道の齊藤正弘厩舎所属の牝3歳栗毛馬。昨年6月にデビュー。平和賞やニューイヤーカップでは2着となり、。前走の浦和の桜花賞では6着に敗れたが、ホッカイドウ競馬三歳3冠(北斗盃、北海優駿、王冠賞)の1冠目を獲得して昨年の栄冠賞以来の重賞2勝目となった。通算成績は9戦4勝(中央競馬は3戦1勝)となった。
 
●桑村真明騎手のコメント
「コンビを組んだのは昨年のフレッシュチャレンジ競走以来で久々に騎乗しました。ペースも早かったし、折り合いには注意しました。最後は、追い出してからしっかりと反応して伸びてくれまし、器用なタイプですね。今年最初の重賞で勝つことが出来てうれしいですし、これからもしっかりと頑張っていきます。」
 
(ホッカイドウ競馬のホームページによる)
 
<25日(木)>
・大井競馬場(天候:晴 馬場:不良)で行われた南関東牝馬クラシックの第2弾、第27回東京プリンセス賞(第11競走・3歳牝馬オープン・SI・1着賞金2000万円・ダート1800m)は16頭が出走した。レースは最内枠から大井のデイジーギャルが先手を取り、大井のベルフェスタが2番手につけ、向正面では縦長の展開となった。1番人気となった船橋のカイカヨソウが4番手で、その後に桜花賞を制した2番人気の川崎のイチリュウがつけた。4コーナーではイチリュウが外を回って差を詰めるのに対してカイカヨソウは内を突いて伸び、直線では人気の2頭が抜けて追い比べとなった。最後はカイカヨソウがイチリュウに競り勝ち、2馬身の差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分55秒9。勝利騎手は川崎の今野忠成。3馬身半差で先行した10番人気のベルフェスタが3着に残り、3番人気の船橋のアステールネオは11着に敗れた。
 カイカヨソウは、父ティンバーカントリー、母マチカネヤマザクラ(母父エリシオ)という血統。船橋の川島正行舎所属の牝3歳鹿毛馬。昨年7月に門別でデビュー。昨年の東京2歳優駿牝馬と今年初戦のユングフラウ賞と連勝して前走の桜花賞では1番人気となったものの3着に敗れていた。今回は桜花賞馬に勝って雪辱をはたし、通算成績は8戦6勝(中央競馬は未出走)となった。川島正行調教師と今野忠成騎手はともに東京プリンセス賞4度目の制覇となった。
 
 
●●北海道の新人の井上幹太騎手が初騎乗・初勝利、そしてデビュー日に3勝●●
・24日(水)に行われた門別競馬の第1レースで、新人の井上幹太騎手(原孝明厩舎所属)は3番人気のハンミョウに騎乗して勝ち、初騎乗で初勝利を飾った。そして、初勝利後は第2レースでは4着となったが、第4レースでマキハタテフロン、第5レースではキタノダイフクに騎乗して連勝し、4戦3勝となる記録的なデビューを果たした。地方競馬の1974年以降の記録では、デビューした日に新人騎手が3勝を挙げたことはなく、井上幹太騎手は史上初の快挙を成し遂げた。
 
★井上幹太(いのうえ かんた)騎手の初勝利後のコメント
「初騎乗の緊張はなかったです。道中は、砂を被らないように注意して、折り合いに専念しました。勝てることを信じて最後は必死に追いました。これからも頑張っていきます。」
 
(ホッカイドウ競馬のホームページによる)
 
 
●●ホッカイドウ競馬で2歳戦がスタート!●●
・24日(水)に今年のホッカイドウ競馬(天候:雨 馬場:良)が開幕し、第6レースで今年最初の2歳戦のJRA認定競走スーパーフレッシュチャレンジ競走Ⅰ(ダート1200m・8頭立て)が行われ、桑村真明騎手騎乗の2番人気のアイアンガールが2着のハーブティーに3馬身差をつけてデビュー勝ちした。
 
★アイアンガール(牝2歳青鹿毛馬)
父ワイルドラッシュ 母ハリケンアスリート(母父)フサイチコンコルド
北海道の角川秀樹厩舎
 
 
●●JRA交流競走の勝ち馬●●
<23日(火)>
●大井(天候:曇 馬場:重)
★フォーチュネイトライラック特別(第9競走・3歳・ダート1200m・12頭立て)
 ワールドステルス・牡3歳・大井:秋吉和美厩舎・父マイネルセレクト
<24日(水)>
●笠松(天候:雨 馬場:不良)
★つつじ賞(第8競走・3歳・ダート1400m・10頭立て)
 トーセンアルテミス・牝3歳・笠松:後藤正義厩舎・父アグネスデジタル
★すみれ特別(第9競走・4歳以上・ダート1800m・10頭立て)
 ネオエピック・牡6歳・JRA栗東:田所秀孝厩舎・父ヴィクトリースピーチ
●園田(天候:雨 馬場:不良)
★水晶山特別(第9競走・3歳・ダート1400m・10頭立て)
 ポーラーシェーン・牝3歳・JRA栗東:加用正厩舎・父Rock Hard Ten
 
(担当:小林雅巳)