タケノベルベットが死亡 [News]
2014/02/28(金) 14:08
 1992年のエリザベス女王杯(GI)を制したタケノベルベット(牝25)が28日、死亡した。繁殖牝馬を引退した後、北海道・白老のイーハトーヴ牧場で余生を送っていた。

(ジャパンスタッドブックインターナショナルのリリースによる)

 タケノベルベットは父パドスール、母タケノダンサー(母父チャイナロック)という血統。通算11戦5勝で、重賞は1992年のエリザベス女王杯・鳴尾記念の2勝。
 春のクラシックには出走できなかったが、4ヶ月の休養明けで18頭立て17番人気(単勝91倍)だったエリザベス女王杯で優勝。メジロカンムリとパドスール産駒のワンツーフィニッシュで大波乱の立役者となり、騎乗していた藤田伸二騎手に初めてのGI制覇をもたらした。