【メイクデビュー】(新潟6R)ニシノコウフクが最後までよく伸び新馬勝ち [News]
2022/08/06(土) 14:47
新潟6Rのメイクデビュー新潟(牝馬・芝1600m)は7番人気ニシノコウフク(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒2(良)。1馬身半差の2着に3番人気ミタマ、さらに半馬身差の3着に1番人気アルヴィエンヌが入った。

ニシノコウフクは美浦・伊藤大士厩舎の2歳牝馬で、父サトノクラウン、母ニシノマメフク(母の父スペシャルウィーク)。

レース後のコメント

1着 ニシノコウフク(三浦皇成騎手)
「調教の時から良いものがあると感じていて、厩舎の人も大事に調整してくれました。直線抜け出して物見をしましたが、楽な感じで良い形で勝てました。良いスピードがあり、今後も楽しみです」

(伊藤大士調教師)
「仕上がりよく、調教で素軽いところを見せていて、良い競馬をするだろうと思っていました。次は状態を見て考えます。新潟2歳Sは中2週になりますからどうでしょうか。大事に使っていきたいと思います」

2着 ミタマ(松山弘平騎手)
「調教通り動きが良く、最後も伸びてくれました。距離はちょうどいいと思います」

3着 アルヴィエンヌ(津村明秀騎手)
「調教でも頭を上げるなど他の馬を気にするところがあります。今日は内枠で馬を気にして進まず、ポジションが悪くなりました。最後は頑張って割って出てくれましたが、この馬の力は出し切っていません。良いものは持っている馬です」

4着 ビップクロエ(和田竜二騎手)
「ゲートは出て、良い所につけられました。まだ幼い所があり、体が緩い分、勝ち馬には切れ負けしました。初戦としては良い内容だったと思います」