【ダイヤモンドS】(東京)~フェイムゲームが久々の重賞V [News]
2014/02/22(土) 16:56
東京11Rのダイヤモンドステークス(4歳以上GIII・芝3400m)は、1番人気フェイムゲーム(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分30秒2。1馬身半差の2着に5番人気セイクリッドバレーが、3/4馬身差の3着に3番人気タニノエポレットがそれぞれ入線。

フェイムゲームは美浦・宗像義忠厩舎の4歳牡馬で、父ハーツクライ、母ホールオブフェーム(母の父アレミロード)。通算成績は9戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 フェイムゲーム 北村宏司騎手
「道中は腹をくくって折り合いに専念して、ペースアップのときに遅れないように気をつけました。思ったより早めに抜け出してしまい、ソラを使ってフワフワしていましたが、よくがんばってくれました」

2着 セイクリッドバレー U.リスポリ騎手
「レース前はこの距離がこの馬には長いと思っていたので、レースでは内にこだわりました。頭数が少なく、内枠ということもあって、うまくパワーをセーブできました。最後の直線まで抑えて、他の馬がバテたときに行こうと思っていましたが、勝ち馬にビュッと来られてしまいました。勝ち馬は強かったです。一瞬よれるところもありましたが、そこからもうひと伸びしてくれましたし、この長い距離も向くのだなと思いました」

3着 タニノエポレット 岩田康誠騎手
「前々で行こうと思っていましたが、進んでいかず、あの位置になりました。最後の直線に入るまで待って、その後はグーッと来たのですが、直線半ばで頭が上がってしまいました」

4着 ラブラドライト 酒井学騎手
「注文をつけてハナに行って、自分のペースで行けました。前走より400m延びているのでジワッと行きました。最後もしぶとく抵抗しています。前走のようにスタートして100mぐらいまで離して、一旦ひきつけて、また突き放す競馬がよかったかもしれません。長くしぶとい脚を使えますし、自己条件では通用する力はあります。また期待したいです」

8着 アドマイヤバラード 内田博幸騎手
「相手も強くなって、この距離も初めて。このレースをいい経験にして欲しいです」

9着 セイカプレスト 津村明秀騎手
「北海道のようなソフトな馬場がいいです。今日のような硬い馬場はよくありません。あと、さすがにこの距離は長いです」