【五泉特別】(新潟)逃げたマイネルクロンヌが直線独走で2連勝 [News]
2022/05/28(土) 16:41
新潟11Rの五泉特別(4歳以上2勝クラス・ダート1800m)は1番人気マイネルクロンヌ(丹内祐次騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒2(稍重)。7馬身差の2着に11番人気モサ、さらにクビ差の3着に5番人気ダイシンピスケスが入った。

マイネルクロンヌは美浦・青木孝文厩舎の5歳牡馬で、父オルフェーヴル、母ナナヨーティアラ(母の父マイネルラヴ)。通算成績は23戦3勝。

レース後のコメント
1着 マイネルクロンヌ(丹内祐次騎手)
「スタートで躓いて、決して良い感じではなかったのですが、思い切ってハナに行きました。ダートに替わって強い競馬を見せています」

2着 モサ(角田大和騎手)
「カラ馬(落馬した馬)を他の馬が避けていて、インコースが空いていたので、自分はカラ馬に気をつけながら、空いていたインコースを通りました。ロスなく進めることができました。勝ち馬には離されましたが、久々に平地のレースで好走することができました」

3着 ダイシンピスケス(松本大輝騎手)
「カラ馬はいましたが、行き切ってしまった方が良かったかもしれません。1コーナーまでの入りで消極的になった分、勝ち馬に上手く行かれてしまいました」

4着 コスモセイリュウ(津村明秀騎手)
「ジリジリとは来るのですが、突き抜けるまでの脚がなかったです。ただ、前のレースから斤量が3キロ増えていた中でも、頑張ってくれました」

5着 テンウォークライ(丸山元気騎手)
「カラ馬が邪魔でしたが、昇級戦でよく頑張っています」