【八海山S】(新潟)直線で一気に伸びたスワーヴシャルルがオープン入り [News]
2022/05/21(土) 16:22
新潟11Rの八海山ステークス(4歳以上3勝クラス・ダート1200m)は3番人気スワーヴシャルル(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒0(良)。1馬身差の2着に6番人気マラードザレコード、さらに3/4馬身差の3着に4番人気コパシーナが入った。

スワーヴシャルルは栗東・安田隆行厩舎の6歳牡馬で、父ロードカナロア、母キングスローズ(母の父Redoute's Choice)。通算成績は21戦5勝。

レース後のコメント
1着 スワーヴシャルル(岩田康誠騎手)
「走るのを一回止めかかったところがありましたが、直線ではものすごく伸びてくれました。順当勝ちです」

2着 マラードザレコード(菱田裕二騎手)
「この馬の競馬に徹して頑張ってくれましたが、あと少しでした」

3着 コパシーナ(津村明秀騎手)
「返し馬は良い雰囲気でした。馬群がばらけたので、結果的に内を回った方が良かったかもしれません。このクラスで勝てる能力はあると思います」

4着 ララクリュサオル(中井裕二騎手)
「厩舎サイドがこの馬のウィークポイントをある程度カバーしながら、伸ばすところは伸ばそうとしているのは感じていました。この馬にとっては競馬がスムーズに行き過ぎたことが、逆に刺激が足りなかったと思います。1枠1番から勝った時のように、ストレスがかかった方が終いは生きるかなと思います」