【カーネーションC】(東京)追い比べから抜け出したストーリアが連勝 [News]
2022/05/21(土) 16:14
東京9Rのカーネーションカップ(3歳1勝クラス・牝馬・芝1800m)は6番人気ストーリア(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒0(稍重)。半馬身差の2着に3番人気ルージュリナージュ、さらにクビ差の3着に2番人気ショショローザが入った。

ストーリアは栗東・杉山晴紀厩舎の3歳牝馬で、父リオンディーズ、母フェリス(母の父ジャングルポケット)。通算成績は5戦2勝。

レース後のコメント
1着 ストーリア(戸崎圭太騎手)
「返し馬ではハミの収まりがどうかなと思いましたが、レースに行って上手に走ってくれました。まだ背腰が緩くて良くなるのは先だと思いますが、その中で勝ってくれましたし、能力はあると思います」

2着 ルージュリナージュ(菅原明良騎手)
「折り合いがついて、スムーズな競馬ができました。最後までしっかり脚を使ってくれましたし、頑張ってくれました」

3着 ショショローザ(池添謙一騎手)
「ゲートを出て、良いところで競馬を進められました。返し馬から緩さがあって、成長の余地を残している感じでした。この体でもしっかり走ってくれましたし、手前を替えながらでも伸び返そうとして踏ん張ってくれました。良いモノを持っていますし、これからだと思います」

5着 シンシアウィッシュ(D.レーン騎手)
「直線に入ってからの手応えも良かったです。もう少しペースが流れてくれれば良かったのですが、馬群の中でも問題ありませんでした。これからまだ成長を見せてくれると思います」