【栃尾特別】(新潟)逃げの手に出たウルトラソニックが低評価を覆す [News]
2022/05/21(土) 15:53
新潟10Rの栃尾特別(4歳以上1勝クラス・芝1200m)は8番人気ウルトラソニック(川須栄彦騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒7(良)。2馬身半差の2着に4番人気マイネルチューダ、さらにクビ差の3着に5番人気テンジュインが入った。

ウルトラソニックは栗東・中尾秀正厩舎の4歳牡馬で、父ドゥラメンテ、母パールブロッサム(母の父アドマイヤドン)。通算成績は8戦2勝。

レース後のコメント
1着 ウルトラソニック(川須栄彦騎手)
「調教の段階から芝適性がありそうだと思っていました。こういう馬場ですし、ある程度良いところを狙ってくる馬がいる中で、良いリズムで行けたのが良かったです。人気もありませんでしたし、ストレスなく競馬ができたのが良かったです」

2着 マイネルチューダ(丹内祐次騎手)
「左回りがネックになっていた馬で、ムキになって走っていたので、結果が出ていませんでした。今日は遅いペースでも落ち着いて走れていました。左回りでも収穫がありました」

3着 テンジュイン(泉谷楓真騎手)
「ポジション的には良いところにつけられました。前回はラストで脚がなくなってしまいましたが、今日は終いを生かす競馬で、こういう競馬は合っています。あとは展開がハマるかどうかだと思います」