【早苗賞】(新潟)馬場の大外からルミネイトが差し切る [News]
2022/05/21(土) 15:47
新潟9Rの早苗賞(3歳1勝クラス・芝1800m)は7番人気ルミネイト(泉谷楓真騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒2(良)。クビ差の2着に1番人気エーデルブルーメ、さらにクビ差の3着に2番人気アケルナルスターが入った。

ルミネイトは栗東・千田輝彦厩舎の3歳牝馬で、父アメリカンペイトリオット、母サンデーミューズ(母の父アルカセット)。通算成績は8戦2勝。

レース後のコメント
1着 ルミネイト(泉谷楓真騎手)
「こういう競馬でこういう結果が出たことは、幅が広がったと思います。逃げても良いですし、こういう競馬でも終いはしっかりと脚を使ってくれました。一旦前に出られても、もう一回差し返してくれました。現時点では揉まれない競馬が良いですが、後ろからでも外を回る形なら終いの脚を使ってくれます」

2着 エーデルブルーメ(岩田康誠騎手)
「この形でもよく辛抱してくれました。いつもなら先行する形ですが、今日はパターンを変えました。負けましたが、こういうレースもできます。しかし最初はシュッとした脚を使いますが、最後はジリジリとした脚になってしまいました」

4着 シホノスペランツァ(荻野極騎手)
「ポンとスタートを切って、3番手を追走しました。自分から動いていく形で、直線はしっかりと反応してくれました。よく残っていますが、決め手のある馬たちに差されてしまいました。力は出し切れていると思います」

5着 サンクション(横山琉人騎手)
「スタートは出てくれましたし、自分のやりたい競馬ができました。しかし直線の長い切れ味勝負だと、ギュッとした脚を使えません。1800mよりも1600mの方がベストかもしれません」