【オークス】栗東レポート パーソナルハイ [News]
2022/05/18(水) 11:36
5月22日(日)に東京競馬場で行われるオークス(GI)に出走予定のパーソナルハイ(牝3、栗東・矢作芳人厩舎)について、追い切り後の岡勇策助手のコメントは以下の通り。

「こちらが思っているよりタフな馬で、頑張って走っていると思います。(桜花賞は)競馬で揉まれ弱いところのあった馬が、最後までしっかり走っているところに進化を感じたと思う内容でした。

精神面よりは、デビュー時よりは身体がしっかりしてきて、楽になっている分、精神的にも落ち着いてきたのかなと思います。

(フローラSは)桜花賞から中1週で状態はどうかと思いましたが、こちらが思っている以上に馬が良くなっているというか、飼葉をしっかり食べてくれて、それが実になって良くなって、権利を獲ってくれて良かったと思います。桜花賞では揉まれても競馬ができたんですが、ハナへ楽に行った方が結果が出ている馬なので、(フローラSでは)自然とああいう形になったと思います。

(今回は)中1週の後ですが、競馬の疲れも見せず、さらに状態が上がってきているのかな、という感じです。こちらが思っている以上にタフですね。具合は本当に良いと思います。具合が良いから負荷をかけられて、(1週前は)自己ベストのタイムが出たのかなと思います。

先週しっかり負荷をかけられました。東京への輸送もあり、今週は息を整える程度、状態を確かめる程度の追い切りで、予定通り良い動きだったと思います。

桜花賞よりオークスを目標にやってきたので、2400mという距離は走ってみないと分かりませんが、適性はあると思います。前走でも2000mで頑張ってくれています。

そういう(積極的な)競馬をした方が結果は良いので、逃げる馬がいないならチャンスじゃないかなと思います。

(吉田豊騎手は)癖をわかってくれていて心強いです。

タフな馬で、ここまで良い状態で来れたことが、長所と呼ぶか分かりませんが、良いところではないかと思います。

デビュー前から素質を感じていた馬で、オークスを目標にやってきました。それに応えてくれて出走できますので、目標としていたレースを勝てるよう頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)