【飛鳥S】(京都)~マーティンボロ 快勝 [News]
2014/02/16(日) 15:57
京都10Rの飛鳥ステークス(4歳上1600万下、芝1800m)は3番人気マーティンボロ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒0(稍重)。クビ差2着に5番人気ミルドリーム、さらに1馬身1/4差で3着に1番人気ヘミングウェイが入った。

マーティンボロは栗東・友道康夫厩舎の5歳牡馬で、父ディープインパクト、母ハルーワソング(母の父Nureyev)。通算成績は17戦5勝となった。

~レース後のコメント~
1着 マーティンボロ(川田騎手)
「返し馬からイライラして、案の定、レースでは力んでいました。でもこの馬としては我慢してくれたと思います。最近の中ではいい馬場で走れましたし、力のあるところを見せてくれました」

2着 ミルドリーム(C・デムーロ騎手)
「折り合いを第一に考えて、終いを生かすレースをしました。よく伸びてくれました。これがこの馬本来の姿です」

3着 ヘミングウェイ(福永騎手)
「スタート良く、スムースにレースが出来たのですが、思いのほか、弾けてくれませんでした。本当はもっと弾ける馬です」

4着 バッドボーイ(和田騎手)
「いいところで流れに乗って早めのレースをしました。ただ、追ってから頭を上げる面を見せて、切れる馬にやられました」

5着 マイネマオ(柴田大騎手)
「こういう少し渋った馬場が合っているのか、よく頑張っています」