【テレ玉杯】(東京)トウシンモンブランが接戦のゴール前を制し3勝目 [News]
2022/05/15(日) 15:24
東京9Rのテレ玉杯(4歳以上2勝クラス・牝馬・芝1800m)は5番人気トウシンモンブラン(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒7(良)。ハナ差の2着に4番人気ノワールドゥジェ、さらに半馬身差の3着に3番人気シーニックウェイが入った。

トウシンモンブランは栗東・杉山晴紀厩舎の4歳牝馬で、父ルーラーシップ、母トウシンハンター(母の父エンパイアメーカー)。通算成績は14戦3勝。

レース後のコメント

1着 トウシンモンブラン(三浦皇成騎手)
「元々素質がある馬だと分かっていました。休養を挟んでメンバーも揃っていましたが、その中でこういうパフォーマンスを見せてくれました。上がりの競馬にも対応してくれましたし、走るフォームも良くなっていました。このレース間隔でこれだけの状態に持って来てくれたのがなによりです」

2着 ノワールドゥジェ(戸崎圭太騎手)
「スムーズな競馬で上手くいきました。直線でもスムーズに出せました。もう少しでしたが、昇級初戦で頑張ってくれました」

3着 シーニックウェイ(C.ルメール騎手)
「ちょうどいいレースが出来ました。勝った馬の後ろにつけられましたし、ジリジリと伸びてくれました。距離はちょうどいいと思います」

5着 クライミングリリー(横山武史騎手)
「脚は使っているのですが...。直線に入ってから進路がありませんでしたが、良いタイミングで前が開きました。伸びてはいますが、東京だけあって他の馬も同じ脚色で伸びてきて、中々差が詰まりませんでした。中山が良いと思います」