【陣馬特別】(東京)レッドヴェロシティが人気に応えて惜敗に終止符 [News]
2022/05/01(日) 15:28
東京9Rの陣馬特別(4歳以上2勝クラス・芝2400m)は1番人気レッドヴェロシティ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分27秒3(稍重)。クビ差の2着に2番人気プレイリードリーム、さらにクビ差の3着に3番人気レインフロムヘヴンが入った。

レッドヴェロシティは美浦・木村哲也厩舎の4歳牡馬で、父ワールドエース、母トップモーション(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は11戦3勝。

レース後のコメント

1着 レッドヴェロシティ(M.デムーロ騎手)
「とにかく気難しい馬です。最後も併せていって楽勝かと思いましたが、中々抜けだしてくれませんでした。最後に差し切ってやっと勝つことが出来ました」

2着 プレイリードリーム(菅原明良騎手)
「馬の雰囲気は良かったです。ただ直線はもたれて追うことが出来ませんでした」

3着 レインフロムヘヴン(D.レーン騎手)
「良い競馬ができました。手応え良く最後もファイトを見せてくれました。今後に繋がる競馬ができました」

4着 レッドクーゲル(吉田豊騎手)
「休み明けで体も良かったと思います。時計がかかる馬場も良かったみたいです。左にもたれなければ、もっと切れたと思います」