【ゆりかもめ賞】(東京)人気馬レヴァンジルがゴール前他馬を交わして勝利 [News]
2022/02/06(日) 15:36
東京9Rのゆりかもめ賞(3歳1勝クラス・芝2400m)は1番人気レヴァンジル(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分27秒3(良)。クビ差の2着に2番人気ポッドボレット、さらに1馬身半差の3着に3番人気グランシエロが入った。

レヴァンジルは美浦・堀宣行厩舎の3歳牡馬で、父ドゥラメンテ、母トゥリフォー(母の父Frankel)。通算成績は4戦2勝。

レース後のコメント
1着 レヴァンジル(M.デムーロ騎手)
「今日は良かったですね。スタートがとても速かったです。道中も息が入っていましたし、前回のレースでは早目に先頭に立ってソラを使うような所がありましたが、今日は直線に入ってどんどん伸びました。堀厩舎のドゥラメンテ産駒で勝ててとても嬉しいです」

2着 ポッドボレット(C.ルメール騎手)
「長い距離で良い馬になれると思います」

3着 グランシエロ(三浦皇成騎手)
「前回のレースでスムーズにゲートを出たこともあって、今回も楽にゲートを出てくれました。4コーナーで前の2頭を射程圏に入れたのですが、最後は離されてしまいました。だた、しっかり成長過程を歩んでいってくれています」

4着 キャルレイ(菅原明良騎手)
「ゲートを上手に出られなかったのですが、切り替えて脚を溜める競馬をしました。終いも反応していますし、良い内容だったと思います」

5着 マイネルニコラス(柴田大知騎手)
「現時点では精一杯の内容でした。使って良くなりましたが、まだ緩さがあります。もっと良くなる馬です」