【豊前S】(小倉)ロッシュローブが4角先頭から押し切ってオープン入り [News]
2022/01/23(日) 16:22
小倉11Rの豊前ステークス(4歳以上3勝クラス・ダート1700m)は3番人気ロッシュローブ(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分43秒7(重)。1馬身3/4差の2着に6番人気スズカデレヤ、さらに3/4馬身差の3着に5番人気タイセイアゲインが入った。

ロッシュローブは栗東・田中克典厩舎の5歳牡馬で、父ロードカナロア、母サンコロネット(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は21戦5勝。

レース後のコメント
1着 ロッシュローブ(浜中俊騎手)
「レースはもう思った通りの競馬でした。馬もそれに応えてくれました。良い状態なのは調教から分かっていました。やりたいレースが出来ました」

2着 スズカデレヤ(秋山真一郎騎手)
「こういう軽いダートが良いですね。前回は中京のパサパサのダートで頑張ってくれましたし、具合は戻ってきています。本当は安定して走る馬なんですよ」

3着 タイセイアゲイン(藤岡康太騎手)
「内々をロスなく立ち回れました。この条件だと最後までしっかり走り切ってくれます」

4着 カシノブレンド(藤井勘一郎騎手)
「脚抜きの良い馬場は、後ろから来る馬にとってどうかと思っていましたが、最後までしっかりと脚を使ってくれました。後ろから差す競馬が板についています」

5着 シェパードボーイ(藤岡佑介騎手)
「この馬のスタイルを崩さず、じっくりと運びました。ミステリオーソを見ながら動いたのですが、思った以上に外を回ってしまいました。もう少しジッとしていても良かったです。実戦に行って良いタイプです」