【カーバンクルS】(中山)サンライズオネストが接戦のゴール前を制して5勝目 [News]
2022/01/15(土) 17:30
中山11Rのカーバンクルステークス(4歳以上オープン・芝1200m)は4番人気サンライズオネスト(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分8秒7(良)。クビ差の2着に6番人気マリアズハート、さらにハナ差の3着に1番人気マイネルジェロディが入った。

サンライズオネストは栗東・河内洋厩舎の5歳牡馬で、父ダイワメジャー、母サイモンドルチェ(母の父ジャングルポケット)。通算成績は16戦5勝。

レース後のコメント

1着 サンライズオネスト(北村宏司騎手)
「スタートを上手に出てくれて流れについて行けました。3、4コーナーの掘れているところは苦労していてのめっていましたが、直線に向いてからはまた頑張って伸びていました」

2着 マリアズハート(大野拓弥騎手)
「雰囲気が良かったです。ゲートもしっかりと出てくれましたし、勝ったかなと思いました。今日のような雰囲気で使えたら安定して走れると思います」

4着 ルッジェーロ(M.デムーロ騎手)
「気持ちが前向きすぎてスタート後に躓いて後ろからになりました。3、4コーナーでは内が荒れていて脚を取られていましたが、直線で馬場の良いところに出して手前を替えてからは良く伸びてくれました」

5着 アルピニズム(永野猛蔵騎手)
「スタートを決めて2、3番手につけられればと思っていて理想的な流れでした。ワンペースですがしっかりと最後まで踏ん張ってくれました」