【京成杯】栗東レポート テンダンス [News]
2022/01/12(水) 14:57
◎16日(日)中山競馬場で行われる第62回京成杯(GIII)に出走を予定しているテンダンス(牡3、中竹)について追い切り後の中竹和也調教師のコメントは以下の通り。

・(前走の東京スポーツ杯2歳Sは)前半は若干ムキになるところがありましたので少しロスした面はありましたが、それ以外は上手に走ってくれました。この馬らしさを見せてくれました。

・(中間の過ごし方は)一旦、大山ヒルズに放牧に出して疲れを癒しました。逆算して一月前に栗東トレーニングセンターに入厩させて、今まで順調に乗っています。

・(その乗り込みは)ここ2週、しっかり乗り込んでいます。充実の内容です。

・(今朝の最終追い切りは)5日も一杯に追い切りましたが、今日も一杯にということで特に最後の2Fは24秒を切るような、見るからに迫力のある動きで満足しています。

・(デビュー以来の2000メートルですが)右回りも問題無く上手に走れます。前走若干ムキになる面はありましたが折り合いそのものが難しい馬では無いので問題はありません。関東への遠征も2回目で前日輸送も大丈夫です。

・(お兄さんのカデナと比較して)カデナはこの時期も緩い面がありましたがテンダンスは年齢なりの完成度です。

・今後を占う意味での試金石になる大事な一戦です。しっかり仕上げて送り出したいと思います。

取材:檜川彰人