【京成杯】美浦レポート オニャンコポン [News]
2022/01/12(水) 13:06
1月16日(日)に中山競馬場で行われる第62回京成杯(GIII)に登録しているオニャンコポン(牡3、美浦・小島茂之厩舎)について、小島茂之調教師のコメントは以下の通り。

(前走のホープフルS11着を振り返って)
「状態は良かったので、もう少しやれるかと思ったのですが、案外コテンパンにやられまして、もう力負けだなと思っています。
血統的にどこかでうるさくなるかなと思って、2戦目まではあまり無理ない仕上げで2勝してくれました。GIはそんな甘い仕上げでは厳しいだろうなと思ったので若干踏み込んだのですが、その割には着順が悪かったです。ジョッキーからも少し気持ちが意外に大人し過ぎたと言ってもらいました。競馬の後もすごく落ち着いていて逆にボーっとし過ぎているかなという感じもあるので、今回はさらに踏み込んだ仕上げでも良いかなと思っています」

(前走後の調整について)
「当然、状態が悪ければ無理して行こうとは思っていなかったのですが、終わってからもどこも異常はなく、飼い葉食いも良いです。逆に意味もなく(間隔を)開けるよりは、条件的にここに行った方が良いなということで、調教もやってきて特に問題ないので、心配なく出走させられそうな感じです。
(年末年始の調整は)人間の方が何曜日だっけなと戸惑いながらやっていましたが、馬の方は全然変わらず、もっと早くに時計を出しても行けたかなという感じがします」

(明日の最終追い切りの予定は?)
「先週末、少し終いを強くやるような感じにしました。競馬を使って間隔も詰まっているので、先ほど菅原騎手と話したのですが、明日の追い切りも終い重点でいつもよりしっかりやってもらおうかなと思っています」

(今回のレースに向けて)
「前走を見る限り、同じ競馬ではさすがに上のクラスで敵わないなという気がします。まだ具体的な話はしていないですが、ジョッキーとは位置取りを今までのようにあまり前にこだわらず、もう少し溜めた競馬をするのもありではないかという話はしています。最終的にはジョッキーに任せると思いますが、イメージとしては今までとは違うことを考えています。
そうしないと結果は出せないかと思うので、次のことを考えた競馬、調教も次のことを考えています。それでどう変わってくれるか楽しみにしています。
これから大きなところを...と思っている馬がいる中で、うちの馬がそこに参加できるかどうかという立場です。みんな未知の部分が多いので、前走のことを踏まえて今回に活かせれば良いかなと思っています。
2勝しているという強みはあるのですが、ここからが勝負です。幸いなことに今のところ大きな不安点がないので、あえてこの時期ですが、少し攻めた調教で良い結果が出せればと思います」

(取材:米田元気)