2021年度JRA賞馬事文化賞は「馬のこころ 脳科学者が解説するコミュニケーションガイド」 [News]
2022/01/11(火) 21:43
JRAは11日、「2021年度JRA賞馬事文化賞選考委員会」を開き、受賞作、受賞者を以下のように決定した。

受賞作:馬のこころ 脳科学者が解説するコミュニケーションガイド
受賞者:(著者)ジャネット・L・ジョーンズ氏
    (訳者)尼丁千津子氏 
    (編集協力)持田裕之氏
    (出版)パンローリング株式会社

・受賞作の概要
 著者が馬の調教や騎乗などで体験したことをもとに、馬と関わりをもつ人がどのようにしたら信頼と絆を築くためにコミュニケーションをとり、真のホースマンシップを身につけることができるかを脳科学の観点から解説した作品。

・受賞理由
 脳科学という新しい視点を用いて馬の行動を分析し、馬を最優先に考えた真のホースマンになるための方法を、自身の体験をもとにした説得力がある内容で、わかりやすく伝えているところが評価された。


また、2021年度JRA賞馬事文化賞特別賞として、以下のように受賞作、受賞者を決定した。

受賞作:馬と古代社会
受賞者:佐々木虔一氏
    川尻秋生氏
    黒済和彦氏

・受賞作の概要
 最新の学術研究と調査報告をもとに、広い分野にわたって考古学や文献史学などの多角的な視点から馬が古代社会の中で果たした役割を明らかにし、古代馬文化の解明の進展に寄与するために研究者の力を結集した作品。

・受賞理由
 古代の馬文化について、幅広い分野の多岐にわたる内容で充実した構成になっており、馬文化の多彩性と奥深さをじっくり認識させてくれる研究の成果が集約された作品になっていることが馬事文化賞に準じる評価を受けた。

(JRA発表)