アグネスデジタル死す 24歳 [News]
2021/12/09(木) 12:02
天皇賞(秋)や香港カップなどを勝ったアグネスデジタルが、12月8日に死亡した。24歳だった。同馬は十勝軽種馬農業協同組合種馬所にて繋養され、余生を送っていた。

アグネスデジタルは現役時、国内で29戦11勝、海外で3戦1勝。2000年のマイルチャンピオンシップ、2001年のマイルチャンピオンシップ南部杯、天皇賞(秋)、香港カップ、2002年のフェブラリーステークス、2003年の安田記念などに優勝した。

十勝軽種馬農業協同組合種馬所 中川郁夫氏のコメント
「とてもやさしい馬でした。やはりGIを何勝もする馬は、他の馬と違い、私の顔を見て何をすれば良いのか理解できるとても賢い馬でした。今年の春に移動したばかりで短い間でしたが、楽しい時間をデジタルとともに暮らせたことを感謝しています」

(公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナルの発表による)