【アプローズ賞】(東京)サンライズウルスが好位から3馬身半突き放し3勝目 [News]
2021/11/28(日) 17:43
東京10Rのアプローズ賞(3歳以上2勝クラス・ダート1600m)は2番人気サンライズウルス(C.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒0(良)。3馬身半差の2着に3番人気エコロファルコン、さらにアタマ差の3着に1番人気キタノリューオーが入った。

サンライズウルスは栗東・安田翔伍厩舎の3歳牡馬で、父ヘニーヒューズ、母アルーシュ(母の父チチカステナンゴ)。通算成績は6戦3勝。

レース後のコメント

1着 サンライズウルス(C.デムーロ騎手)
「スタート後はあまりダッシュがつきませんでしたが、徐々にエンジンがかかり、直線で外に出すと良い脚を使ってくれました。もう少し距離が延びても大丈夫です」

2着 エコロファルコン(松山弘平騎手)
「スタート良く出てくれました。前半少し絡まれるところがありましたが、力を出し切ってくれましたし、昇級戦でしたが良い走りをしてくれました。このクラスでも十分やれると思います」

3着 キタノリューオー(丸山元気騎手)
「ゲートの中の駐立は良くなかったのですが、それでも出てくれました。向正面の隊列が悪く勝った馬にどんどん行かれてしまいました。昇級して2戦目、よく頑張っています」

4着 アドアステラ(柴田大知騎手)
「今日は52キロの軽量でしたが、相手なりに頑張っていますし、偉い馬です。このメンバーでこの内容ならどこかでやれないかと思います」

5着 タイセイスラッガー(M.デムーロ騎手)
「今日は休み明けでしたがよく頑張りました。ゲートも出ましたし、砂を被っても問題なく馬の性格が変わったのかもしれません。次走を楽しみにしています」