【メイクデビュー】(東京6R)逃げたサクセスローレルが直線では後続との差を広げ新馬勝ち [News]
2021/11/27(土) 17:07
東京6Rのメイクデビュー東京(ダート1600m)は6番人気サクセスローレル(亀田温心騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分39秒6(稍重)。4馬身差の2着に2番人気ニシノコニャック、さらに1馬身1/4差の3着に12番人気ララエフォールが入った。

サクセスローレルは栗東・北出成人厩舎の2歳牡馬で、父Mastery、母コーテサン(母の父Street Sense)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 サクセスローレル(亀田温心騎手)
「調教にも乗っていましたが、ゲートをこんなに出るとは思いませんでした。二の脚もつきましたし、この馬のリズムで行けました。追ってからもしっかりと反応しています。強い競馬で、あんなに離せるとは思っていませんでした。元々、使いつつなのかなと思っていましたし、緩いところもあります。もっと良くなると思います」

3着 ララエフォール(黛弘人騎手)
「スタートで立ち遅れて外から馬に入られたり、砂を被って嫌がったりして、最初ははまりも良くありませんでした。それが、直線に向かっていくにつれて動きが良くなっていきました。調教は坂路ですから、コースで速い所を走るのが初めてでしたし、これが良い経験になってくれると思います」

4着 セブンダートオー(横山和生騎手)
「ギアが上がり切りませんし、まだ体を持て余しています。それでも砂を被っても我慢していました。これから成長していってくれると良いと思います」

5着 タービンホール(松岡正海騎手)
「調教の時から素質を感じていました。レースでは物見をしたり、若さを見せていますが、届かないようなところから、直線だけの競馬で脚を使っています。能力がありますね」