【大阪スポーツ杯】(阪神)ウルトラマリンが逃げ切って勝利 [News]
2021/10/23(土) 17:29
阪神11Rの大阪スポーツ杯(3歳以上オープン・ダート1200m)は3番人気ウルトラマリン(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒0(良)。半馬身差の2着に9番人気ヴァニラアイス、さらに半馬身差の3着に2番人気レシプロケイトが入った。

ウルトラマリンは栗東・今野貞一厩舎の4歳牝馬で、父サウスヴィグラス、母ムツミマーベラス(母の父マーベラスサンデー)。通算成績は18戦5勝。


レース後のコメント
1着 ウルトラマリン(松山弘平騎手)
「すごくスタートが速くて持ったままで行く形になりました。手応え十分で強い競馬をしてくれました。具合は良かったと思います」

2着 ヴァニラアイス(幸英明騎手)
「いつも終いが甘くなりますが、今日は、最後までしっかりしていましたし、こういうレースが出来るなら、すぐに勝てると思います」

3着 レシプロケイト(岩田望来騎手)
「ペースが遅くて何とも言えませんが、折り合いがついて良い脚を使って良い競馬が出来ました。噛み合えば走ってくれると思います。スムーズに良い競馬が出来て、力がありますし、オープンでもやれるところを見せてくれました。1200mの条件が合っていると思います」

4着 ルーチェドーロ(中井裕二騎手)
「久々で古馬混合の1200mとして理想的な競馬が出来ました。最後も止まらず、しぶとさを活かすやりたい競馬が出来ただけに悔しいです。次は変わると思います」

9着 サダムスキャット(川須栄彦騎手)
「勝負どころで進路を作れずに追い出しが遅れました。一度使ってシャキッとしていましたが追い出しが遅れたことが全てですね」