【赤富士S】(東京)直線外から早目に先頭に立ったアメリカンフェイスが勝利しOP入り [News]
2021/10/23(土) 16:21
東京10Rの赤富士ステークス(3歳以上3勝クラス・ダート2100m)は5番人気アメリカンフェイス(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分10秒1(稍重)。ハナ差の2着に3番人気ホウオウエーデル、さらに3/4馬身差の3着に4番人気キタノヴィジョンが入った。

アメリカンフェイスは美浦・戸田博文厩舎の4歳牡馬で、父Tapit、母Screen Goddess(母の父Giant's Causeway)。通算成績は16戦4勝。

レース後のコメント
1着 アメリカンフェイス(福永祐一騎手)
「早めに先頭に立ってしまい、直線が長かったです。良くこらえてくれました。馬は馬場入りの時などもだいぶおとなしくなっています」

2着 ホウオウエーデル(C.ルメール騎手)
「とてもズブくて、反応が遅かったのですが、ペースが速く、前の馬が止まりました。この馬のスタミナがあります。ゴールまで伸びてくれました」

3着 キタノヴィジョン(三浦皇成騎手)
「調教の感じがとても良く、状態は良かったと思います。久々の勝ち負けまでは行きませんでしたが、このクラスでやれる力は十分ある馬です」