【アイビーS】(東京)好位で競馬を進めたドウデュースが直線抜けだし2連勝 [News]
2021/10/23(土) 16:05
東京9Rのアイビーステークス(2歳オープン・リステッド・芝1800m)は2番人気ドウデュース(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒3(良)。クビ差の2着に5番人気グランシエロ、さらに3/4馬身差の3着に1番人気アスクビクターモアが入った。

ドウデュースは栗東・友道康夫厩舎の2歳牡馬で、父ハーツクライ、母ダストアンドダイヤモンズ(母の父Vindication)。通算成績は2戦2勝。

レース後のコメント
1着 ドウデュース(武豊騎手)
「強いですね。着差はなかったんですが、完勝でした。最後は抜けてからフワフワして、つまずくようなところがありました。距離はちょっと分からないですね。マイルから2000mぐらいですかね・・・。道悪も良馬場も右回りも左回りも経験して、能力のある馬だと思います」

2着 グランシエロ(三浦皇成騎手)
「ゲートはいつも通りでした。体が大きくてまだ緩さもあります。ペースが緩い分、楽について行けました」

3着 アスクビクターモア(戸崎圭太騎手)
「もう少しリラックスして走ってくれると良いですね。前回はもう少し上手に走っていましたが・・・」

4着 ブラックボイス(C.ルメール騎手)
「良い競馬が出来ましたが、まだ重たい感じでした。使いつつ段々と良くなると思います」

5着 トーセンクレセント(田辺裕信騎手)
「競馬は地味でしたが、内容は良かったと思います。下げてからも、もうひと脚使ってくれました」